ペット保険にはぜひとも入っておくべきかどうか

ペットの医療費は意外と高い

日本では人間は皆保険ですが、ペットはそうではありませんから、ペットが病気になったときは基本的に実額を払うことになります。その医療費というのが、通院で1回数千円から1万円、入院が1日数千円から1万円超、MRIでも撮った場合は3万円、手術となると10万円以上。場合によっては数十万円ということになってしまいます。可愛いペットのためとはいえ、この金額はかなりこたえますよね。といって、治療を受けさせないわけにもいきません。

ペット保険に入っていれば安心

こんなときペット保険に入っていれば、ぺットの医療費の一部を保障してくれます。商品によってカバーの範囲や保険金の支払い割合は違いますが、ものによっては通院、入院、手術すべてOKで、日数、回数制限もなく、医療費の100%を支払うというものもありますし、手術だけ、通院だけ、日数、回数制限あり、支払額も医療費の50%というものもあります。もちろん充実しているものほど保険料も高価ですから、予算と効果を勘案して選ぶことになります。

ペット保険に入ったほうがいいか

ただ、ペット保険の保険料は、ある程度充実したもので月間3千円程度ですが、病気になる確率の高い高齢になるに従って高くなっていきます。そして、ペット保険は保険料収入と保険金支払いの差が運営経費なり利益なわけですから、自分で毎月3千円なり5千円なりを積み立てておけば、たいていの場合は賄えるはずです。ただ、病気になりやすい子もいますので、そんなペットを飼っている方や、突然大きな出費があると支払えないという方はペット保険に入っておいたほうがいいでしょう。

ペット保険とは、大事な家族の一員であるペットが病気や怪我をした場合、治療代や入院費などの一部を保険会社が負担してくれるサービスの事をいいます。