ヒートアイランド対策をしておく

壁面緑化をするとどうなるのか

壁面緑化は自宅の外壁部分を植物のツタで覆うことで、これを行うと自宅の温度を低下させられるのです。夏場になると直射日光が強くなり部屋の温度が上昇します。

しかし壁面緑化を行えば直射日光を防げるので、自宅の温度を低下させて快適に生活できるのです。外壁の温度が低下すると温度上昇による壁の劣化を防げるメリットもあります。

室内の温度が下がるとエアコンや扇風機を使う頻度が少なくなり、電気代の節約にもつながるのです。

結構コストがかかるので注意

壁面緑化は経済面でもかなりのメリットがありますが、導入するためには結構費用がかかります。建物に植物のツタを取り付けるため、建物全体の重量が増えます。

そこで構造強度を上げるための工事などもしないとダメです。これが一番のネックになる部分と言えるでしょう。

またネットやワイヤーなどを取り付ける工事や植物の世話なども必要です。植物があるとそこに害虫が住み着く場合もあるため、ガーデニング感覚で管理できないといけません。

いろいろな植物が使える

実際に壁面緑化をする場合はどんな植物が適しているのでしょうか。これは日本でよく知られているアサガオがオススメです。

アサガオは比較的手に入れやすい植物なのですぐに購入できます。ちなみに日本のアサガオと西洋アサガオの2種類があるのですが、日差しよけに優れているのは西洋アサガオです。

繁殖力が結構あるため定期的にメンテナンスをして多さを調整する必要があります。整理する際はまた隣の敷地に伸びていないか確認しましょう。

建物の壁を植物で覆う壁面緑化は病気や害虫などで植物が枯れないように気を付ける必要があります。日当たりや水はけがよく、通気性に富んでいる立地環境で行うことが長持ちさせるための条件です。