手軽な趣味では済まされない?切手の世界は奥が深かった

切手の価値は現存する枚数で決まる

国内外の切手は、郵便制度が始まった時から発行され続けています。今やコンビニでも販売されている切手ですが、記念切手は郵便局またはオンライン購入する必要があります。記念切手への感心は高く、急遽発売中止になる切手はニュースにもなってしまうのですよね。図柄の著作権管理の甘さから発売中止に追い込まれた切手は、販売枚数が少ないので価値が高まってしまうのです。何気なく旅行時に購入した切手がプレミア価格で販売されていることもあるので、手元に残っていたら一度確認すると面白いでしょう。

オークションで売却すれば自分のもの

切手収集の趣味は戦前から行っている人もいるため、相続の段階で集めた切手ブックが出てくることがあります。まとめて専門店で販売することも出来ますが、時間がある時にオークションサイトを覗いてみると思わぬ高額取引がされていることに驚きます。プレミア価格が付いている切手ほど買取に出すよりも直接オークションサイトで販売した方が高く売れます。個人間売買やフリーマーケットをイメージすると分かりやすいですが、店頭買取では中間マージンが多く発生するので買取価格を抑えられてしまうのです。

専用の切手保存ブックで保管しよう

切手のコレクターは、専用の切手保存ブックで大切に保管しています。切手は湿気を嫌い、手の油もカビの原因となるため専用ブックとピンセットが収集家にとって必需品でしょう。現在の切手に使われている糊とは異なり、以前はデンプンを原料とした糊を使っていたので防カビ性能は皆無で、湿度が多いとシートにくっついてしまう状態でした。実はドライヤーで乾燥させると剥がすことが出来るので、湿気にまみれてしまった切手はドライヤーとピンセットで新しい切手保存ブックに移動させると綺麗に保管出来ます。

昔、切手をコレクションにするのが流行りましたよね!そんな、大量に集めた切手を売りたいと考えてませんか?切手の買取は想像もつかない金額で取引される場合もあります!ぜひ、気軽に挑戦してみてはいかが?